明日の為のメソッド集

「長い春」と「電撃結婚」の関係

交際期間2ヶ月で結婚に踏み切った…
そんなふうに電撃結婚をした友人が、周りには結構います。
そんな彼女らに共通しているのは、結婚した相手の前にお付き合いしていた人とは10年近くも恋人同士でいた、ということ。
「長い春」を過ごしたあとで電撃結婚に至る人が多いというのは、偶然ではないような気がします。
お付き合いが長くなればなるほど、相手との結婚生活をシミュレーションすることが多くなりますよね。
ということは、結婚生活をして行く上で受け入れられない相手の癖が見えてしまう。
自分の結婚に対する最低条件が明確になるのです。
それ故に、それが原因で破局したあとに出会った人が条件をクリアしていると思われた場合、運命のようなものを感じてしまうのかも知れませんね。

今まで生きてきたけど、実印を使う機会が一度もなかった…なんて人を時々見かけます。

実際一人暮らしをしていない人や、車や不動産のように資産の一部として考えられる金額の大きい物を購入することがない人には必要はないかもしれません。

実印は本人であることの証明と本人の意思で契約したことの証明となります。

実印での契約であることを証明するための印鑑証明書も同時に必要となり、相続の手続きでも必要になります。

年齢を重ねていくと保険金の受取時にも必要になってきますので一生涯、使わずに終わったなんて人は多分いないと思います。

使う機会があまりないからといって実印を作らなかったり、なくしてしまうことが無いように、しっかりと管理しておきましょう。

実印を作る際は、印鑑の作成のコツをぜひ参考にしてみてください。

印鑑作成の記事です。

 

続きを読む≫ 2014/09/16 16:04:16

お金を借りて苦労した末に返済。

その後、こう誓うことはありませんか?

「もう二度と借金などしないぞ!」

でもすぐにまた借金を繰り返してしまう人もいます。

これはどのようなメカニズムなのか?

それは、「借金」と言った手段を覚えてしまったことに問題があると考えられます。

そもそも借金とは、お金を借りる行為ですので、その行為はどのような場面であれ感心出来る事とは言い難いです。

でも時には借りなければならない場面も長い人生出てくるもの。

住宅ローンも借金のうちですしね。

そんな借金を利用してなんとか返済出来たら、あぁこういったやり方もあるんだと借金と言った手段を覚えてしまい、また繰り返す人もいるのです。

辞めようと思って辞められないのは、安易にお金が手に入る手段を覚えたからだと言えますね。

続きを読む≫ 2014/09/16 16:03:16

ムダ毛処理を間違った方法ですると、トラブルを起こしかねません。

ムダ毛処理をした部位に小さな傷があった場合、その傷口から菌が入り込んでしまい、毛嚢炎になるといったトラブルがあります。

これは、カミソリや毛抜きを使っている時によく起こりがちなので、古いカミソリは使わないとか、処理をした部位を清潔に保つといったケアで防ぐことが可能です。

そして埋没毛というトラブルもあります。

どういうことかと言いますと、毛が皮膚の中に埋まってしまい、外側からの処理が困難になります。

埋没毛ができる原因としては、処理する時に肌を傷つけてしまい、毛が生えてくる前に傷が治り、毛が閉じ込められるということが原因です。

埋没毛を作らないようにするには、カミソリや毛抜きを使わないというのが一番です。

続きを読む≫ 2014/03/02 22:46:02

いまでは借金問題を専門家に相談する人が増えています。

一人で問題について悩んでいても先が見えてきません。

一刻も早く相談して楽になりましょう。

相談先としてよく話題になるのが弁護士事務所以外にも司法書士事務所が挙げられます。

両者の機能や権限、報酬に差はないのでしょうか?

2003年の法改正によって、司法書士の一定の枠内で借金問題を扱うことができるようになりました。

それでも140万円を超えるような借金問題なら、最初から弁護士に相談したほうが便利かもしれません。

任意整理という手段もあるので、検討してみると良いでしょう。

 

任意整理ガイドはこちら

 

弁護士でも司法書士でも、自分の依頼を確実に処理してくれるところを選ぶ事が大切です。

続きを読む≫ 2014/02/27 15:30:27

子育てと聞いてどのようなイメージが沸くでしょうか?

やはり親が子を育てると言ったイメージの方が多いのではないでしょうか。

しかしここにズレが生じる場合があります。

なぜなら子供が生まれた瞬間、親ははじめて親としての歩みをスタートします。

つまり、親も子供と一緒に歩んでいるのです。

しかし少し長く生きている大人(親)はそういった事を忘れて勘違いしてしまっている部分があります。

当然親としての威厳も大切ですが、時には同じ目線になり、一緒に悩み解決に導くと言ったことも子育てとしては大切な事です。

頭ごなしに「ダメ!」や「こうしなさい!」などと言った子育てはただの自己満足になる可能性が高く、子供も成長するにつれてそのような親を尊敬しなくなる可能性が高いと言われます。

続きを読む≫ 2014/02/27 15:29:27

賃貸マンションが大きく動く時期は春先です。

入学、就職、転勤、理由は様々ですが、春が引越しシーズンなので、

家を出たい方、入居したい方が多くなります。

では中古マンションも売却するなら、この時期が良いのかと言うと、

一概にはそう言えないのです。

ご自身がそのマンションを購入した時期を思い出してみてください。

人によっては春かもしれませんが、3〜4月中に購入したという方は

少ないのではないでしょうか。

やはりマイホーム購入ともなると、「転勤になったから買おう!」

なんて方は少ないもので、こつこつ貯金をして、じっくり検討した上で購入する方がほとんどです。

そのため、中古マンションの売却シーズンというのは基本的にはありません。

ただし物件は「時価」ですから、あまり先延ばしにしていると、どんどん価格が下がる可能性は考えられます。

もし春を待とうと考えていた方は、まずは早めに相場を調べて複数の不動産業者に査定をしてもらいましょう。

続きを読む≫ 2014/02/19 15:45:19

マンションの売却を依頼する不動産会社とは「媒介契約」を結びます。

媒介契約には専属専任媒介、専任媒介、一般媒介の3種類があり、契約を結ぶことで正式に依頼したことになります。

専属専任媒介と専任媒介では、1社の不動産会社に依頼ができます。

専属専任媒介は1週間に1度以上、専任媒介は2週間に1度以上の割合で不動産会社から文書での報告があります。

専属専任媒介は自分で探した買主との契約ができませんが、専任媒介ではできるという違いがあります。

一般媒介では、複数の不動産会社に依頼ができ、自分で探した買主とも契約ができます。

 

マンション売却について

 

 

マンション売却の際は依頼をした不動産会社の明示・非明示は選択することができます。

 

続きを読む≫ 2014/02/19 15:43:19

マンションを売却する際に、最も大事なことは「相場を知ること」です。

ご自身のマンションが、今現在どれだけの価値があるのか、既に知っている方は少ないと思います。

むしろ「相場を知るために、査定してもらうのでは?」と、考えている方もいらっしゃるかもしれません。

けれど考えてみてください。

たとえば買い物に行く時に、ただふらっとお店に行って商品を購入してみると、実は他のお店の方が安かったなんてこと、経験したことがあるのではないでしょうか?

でもチラシなどで、あらかじめチェックしておけば、その商品がいくらで買うのが最もお得がすぐに分かりますよね。

マンション売却も同じことです。

やみくもに査定してもらうより、まずはご自身で相場を知ることです。

考えたくないことですが、運が悪ければ査定をお願いした不動産業者が

自身の利益ばかり考えるところだったら、ひどい価格で売らされる可能性もあるからです。

続きを読む≫ 2014/02/19 15:41:19

薬剤師の魅力と言えば、クスリに関しては医者以上の知識と知恵を持っている、という点にあるでしょう。

事実として、いくら医者が素晴らしい処方箋を発行したとしても、それが薬剤師の手によって現実に薬品として患者の手に届けられなければ、正に絵に描いた餅となってしまいます。

その意味では、薬剤師は医師と二人三脚で医療を支えていると言っても過言ではありません。その代わり、薬剤師になるには、医師になるのに匹敵するほどの時間と費用を掛ける必要があるとも言えます。

しかし、その分、転職する際にはかなり有利です。

薬剤師になり薬局で働くようになれば、地域の人との関わりも強くなります。

続きを読む≫ 2014/02/06 02:29:06

大人になると、時間の感覚が子どもの頃よりも短いと感じると思いませんか?

これって、生活の中に「やらなくてはならないこと」が増えていくからだと思うんです。

子どもの頃、夏休みって無限に続くように思っていました。

それが残り日数が少なくなるにつれ宿題の山がのしかかり、それまでの倍ぐらいの早さで一日が過ぎていくように感じたものです。

大人になったら、「夏休みの宿題」は仕事や家事、育児に姿を変え、日々自分たちを追い立てます。

自分の時間のなさにいら立つこともありますよね。

だからこそ、打ち込めるものを持っていたい、と思うのです。

自分の好きなことに全身全霊を捧げていられる時間というのもあっという間。

けれど、「やらなくてはならないこと」をしているときよりもずっと爽快な充実感を得られるものです。

続きを読む≫ 2014/01/22 13:43:22